花粉症体質を改善する方法(第2回)

大阪の脊柱管狭窄症、腰ヘルニアと診断された腰痛・坐骨神経痛専門、わかば腰痛整体院のワンダです。

 

今回は、花粉症が起こる仕組みについてお伝えします。

 

花粉症の薬は、何を抑えているのかご存じでしょうか?

 

薬の箱にはたいてい、“原因物質の働きを抑える”“炎症を止める”などと書かれてあります。

 

花粉症とは、目や鼻の粘膜の炎症です。

 

それを引き起こしているのは、いくつかの炎症物質で、それぞれの炎症物質に働きかける薬も、ちゃんと決まっています。

 

ですから適切な薬を選べば、花粉症の症状を止めることが出来ます。

 

<主な炎症物質と、その働き>

・ロイコトリエン・・・鼻水を出す

・トロンボキサンA2・・・鼻づまりを引き起こす

・プロスタグランジン・・・鼻を過敏にする

 

ですが、花粉症患者さんが抱える、本当の問題があります。

 

花粉症とは、炎症反応です。ですが、そもそも炎症は何のために起こるのでしょうか?

 

炎症は免疫反応で、身体を異物から守ろうとする、大切な反応です。

 

ですが花粉症患者さんの場合、過剰な炎症反応が起きてしまうのです。

 

実は、これこそが花粉症患者さんが抱える、本当の問題なのです。

 

なぜ、こんな過剰反応が起きてしまうのか?

 

次回、お伝えしていきますね。

わかば腰痛整体院

〒547-0021大阪市平野区喜連東4-4-8