脊椎間狭窄症

まともな日常生活を送れない腰の痛み・足のしびれで、お困りのあなたへ 脊柱管狭窄症専門整骨院

まともな日常生活を送れない腰の痛み・足のしびれで、お困りのあなたへ 脊柱管狭窄症専門整骨院

脊柱管狭窄症とは?

背骨は、体を支える役割とともに、脳から背骨に沿って延びてきた神経(脊髄)を守る役割も担っています。

この神経が走っている背骨の隙間のことを「脊柱管」といいます。

腰部脊柱管狭窄(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)とは、文字通り、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことで、50代を超えた中高年に多く見られます。

脊柱管が狭くなり神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれ、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

腰部脊柱管狭窄 症状チェック

  1. 太ももからふくらはぎ、すねにかけて、シビレや痛みがある
  2. シビレや痛みは、しばらく歩くと強くなり、休むと楽になる
  3. しばらく立っているだけで、シビレたり痛くなったりする
  4. 前かがみになると、シビレや痛みは楽になる

上記の「腰部脊柱管狭窄 症状チェック」の表にある①から④の症状のうち、当てはまる項目が多い人ほど、腰部脊柱管狭窄症である可能性が高くなります。

腰部脊柱管狭窄症で必ず現れる症状が、脚のシビレや痛みで、太ももからふくらはぎやすねにかけて起こります。腰痛は必ず起こるわけではありません。

なぜ脊柱管が狭くなるの?

Q.では、なぜ脊柱管が狭くなってしまうのでしょうか?

A.それは、その部分に負担が集中してかかっているからです。

Q.ではなぜ、その部分にそれほど負担がかかるのでしょうか?

A.それは、体全体がゆがんでいることが多いのです

その「体全体のゆがみ」が、その部分に負担を集中してかけてしまい、脊柱管が狭くなってしまうのです。

ですが整形外科に行くと、

腰に電気を当てたり牽引したり・・・

整骨院に行くと、

腰をマッサージしたり温めたり・・・

ほとんどの方が改善しなかったり、改善してもその時だけですぐ戻ってしまう・・・と。

それは何故か?

原因を見つけ出し、解消出来ていないからです。

ですから、しっかり体のゆがみを整え、負担が集中してかからなくなると、ほとんどの場合、足腰の痛み・しびれは緩和され改善します。

下の写真の方は脊柱管狭窄症と診断され、10歩歩いただけで腰や太ももに痛みが出て歩けなくなり、しばらく休んでまた歩き出す。そんな生活を長い間されていました。

当院に通院していただき、体のゆがみが整い、今では腰・足に痛みは無く、普通に歩くことが出来るようになられました。

腰痛専門整体 わかば整骨院

〒547-0021大阪市平野区喜連東4-4-8