脊椎間狭窄症

まともな日常生活を送れない腰の痛み・足のしびれで、お困りのあなたへ 脊柱管狭窄症専門整骨院

まともな日常生活を送れない腰の痛み・足のしびれで、お困りのあなたへ 脊柱管狭窄症専門整骨院

脊柱管狭窄症とは?

背骨は、体を支える役割とともに、脳から背骨に沿って延びてきた神経(脊髄)を守る役割も担っています。

この神経が走っている背骨の隙間のことを「脊柱管」といいます。

腰部脊柱管狭窄(ようぶ せきちゅうかん きょうさく)とは、文字通り、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことで、50代を超えた中高年に多く見られます。

脊柱管が狭くなり神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれ、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

腰部脊柱管狭窄 症状チェック

  1. 太ももからふくらはぎ、すねにかけて、シビレや痛みがある
  2. シビレや痛みは、しばらく歩くと強くなり、休むと楽になる
  3. しばらく立っているだけで、シビレたり痛くなったりする
  4. 前かがみになると、シビレや痛みは楽になる

上記の「腰部脊柱管狭窄 症状チェック」の表にある①から④の症状のうち、当てはまる項目が多い人ほど、腰部脊柱管狭窄症である可能性が高くなります。

 

腰部脊柱管狭窄症で必ず現れる症状が、脚のシビレや痛みで、太ももからふくらはぎやすねにかけて起こります。腰痛は必ず起こるわけではありません。

 

当院の患者さんには腰部脊柱管狭窄と診断され、手術を勧められた方が多くいらっしゃいます。ですが当院に通院していただいて、手術せずに症状が改善し、普通に生活が出来るようになっておられます。

 

ですからあなたがもし、「手術しなければ、どうしようもないのではないか?」と、真剣に悩んでいらっしゃるなら、大切な身体にメスを入れる前に、ご相談ください。

腰痛専門整体 わかば整骨院

〒547-0021大阪市平野区喜連東4-4-8