よくある不調の意外な原因<痛み止め>

大阪の脊柱管狭窄症、腰ヘルニアと診断された腰痛・坐骨神経痛専門、わかば整体院のワンダです。

 

今回から、よくある不調の意外な原因をお伝えしていきます。

 

ここでは、多くの方が「え!そんなことも身体に悪いの?」と意外に思うような「身体を悪くする原因」をご紹介します。

 

*参考図書 松原 秀樹さん 著 「賢い人は早く治る!知らない人は、治らない」

 

今回は、「痛み止め」です。

 

痛み止め(消炎鎮痛剤)は、時には非常に便利です。

 

しかし使い続けると、治りを悪くします。

 

痛み止めは、科学的作用で強制的に「血管を収縮させる」ことによって、患部の腫れを引かせ、また「脳の感覚中枢を麻痺させる」ことによって、痛みを“一時的に”感じないようにしているだけです。

 

決して、患部を治しているわけではありません。

 

血管を収縮させる成分は、必然的に「交感神経を緊張」させます。

 

ですから、全身の血流が悪くなるので、身体に不調が出やすくなってしまいます。

 

患部を治すのは、あくまで血液とリンパ液です。

 

治すには、患部のリンパ液を増やすことと、副交感神経が優位になるようにすることが大事です。

わかば整体院

〒547-0021大阪市平野区喜連東4-4-8