よくある不調の意外な原因<歩かない生活>

大阪の脊柱管狭窄症、腰ヘルニアと診断された腰痛・坐骨神経痛専門、わかば整体院のワンダです。

 

ここでは、多くの方が「え!そんなことも身体に悪いの?」と意外に思うような「身体を悪くする原因」をご紹介します。

 

*参考図書 松原 秀樹さん 著 「賢い人は早く治る!知らない人は、治らない」

 

今回は、「歩かない生活」です。

 

あまり野外を歩かない生活をしていると、背骨や脚腰の筋肉が萎えてしまって、肩こりや腰痛、膝痛などが慢性化するだけでなく、胃腸の機能や呼吸力まで弱くなって、全身に代謝障害を引き起こします。

 

脚に流れていった血液やリンパ液は、歩いてふくらはぎがポンプ運動することによって、上半身に帰ります。

 

ですから歩かないと、静脈血やリンパ液が脚に停滞して、脚がむくみます。

 

脚がむくむと、新鮮な動脈血が入ってきませんから、脚の筋肉は酸欠になって、痛みや冷えが生じます。そしてついには、軟骨も摩耗してしまいます。

 

ぜひ無理のない程度で、歩くことを生活習慣に取り入れてみてください。

わかば整体院

〒547-0021大阪市平野区喜連東4-4-8